トップページ

    このサイトではヒュンダイの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ヒュンダイの買取相場をチェックして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」と考えている場合はこのページで紹介しているおすすめの車買取専門店で調べてみてください。

    韓国車のヒュンダイを高価買取してもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、ヒュンダイ(Hyundai Motor Company)の買取額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知られているので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と断トツの多さ!最大50社へヒュンダイの買取査定依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むとたくさんの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    その上、全国に対応していて無料。

    「ヒュンダイを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っているヒュンダイの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、韓国車のヒュンダイを高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社からのみ!電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    ヒュンダイの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話も1度きりで最大2000社の買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるので、「数年落ちのヒュンダイの買取相場ってどれくらい?」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数社に査定してもらうことで長年乗ったヒュンダイでも高額買取が実現します。

    約10社の買取業者がヒュンダイの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた業者にあなたが大切にしてきたヒュンダイを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の概算価格が表示される人気の車一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、最大で10社の業者が韓国車のヒュンダイを査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較してみることができるので、いくつかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたヒュンダイをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように輸入車・外車専門の中古車買取の専門店。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は外車・輸入車だけで約1500台。もちろん、地方対応で出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、韓国車のヒュンダイなら他の買取業者より高く売却できる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、韓国車のヒュンダイなら始めにランキング上位の中古車一括査定サービスを活用して概算買取価格をチェックしてみてください。

    複数の買取専門店に査定額を出してもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高い買取金額を出してくれた場合にはあなたが大切にしてきたヒュンダイを売りましょう。






    車買取コラム

    通常、大多数の中古車の買取専門店では、中古車の見積もりにかかる時間は待っているロスタイムを除いて15分かかるかかからないかです。

    10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点でのオークションなどの相場をもとにしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベース金額から走行距離、さらには車の各部位の状態などを確かめてから、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすれば最終的な価格を決定することが可能だからです。

    車買取の査定をするときに、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いているとプラス査定になることが多いです。

    しかしながら、最近発売された車にはすでにカーナビは付いているのが当然ですから、新型のカーナビシステムを搭載していない場合には大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    カーナビシステムが標準的になっている現代において、カーナビシステム非搭載の時にはマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう程度の軽い傷やへこみなどは、査定時に減額されないことが多いので、あまり神経質になることはありません。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり目でハッキリ分かるへこみがある場合、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、査定時に減点されるのが回避するために個人で直したとしても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    実車査定の業者が来た時に、車内に喫煙臭や動物(ペット)臭が残っていると減点は免れません。

    自分では臭いと思わなくても、ふだんから慣れてしまっていて言われてから「そういえば」と思う人も多いようです。

    業者に査定を依頼する前に、第三者に車内のにおいをチェックしてもらうと万全です。

    布用消臭スプレーや空間芳香剤などを多用してもにおいの元がとれるわけではないので、拭き掃除をしっかり行い、発生源を断つことが大事です。

    車をディーラーで購入して下取り制度を利用するのなら、古い車と新しい車の乗り換えはタイミングを計って行われます。

    ただ、下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、多少なりとも空白期間ができることもあります。

    どうしても車が必要であれば、査定士を派遣してもらう以前に電話などでまず代車が必要である旨を伝えておきます。

    業者によってはまったく代車がないなどということもありますし、先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、本来確認すべきことが疎かになってしまうため、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかいま一度はっきりさせておきましょう。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていればそこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を用意しなくてはなりません。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところは異なってきます。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    中古車を売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、かつ結婚などで姓が変わったり引っ越しなどで住所が変わっていなければ、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車を買うときにも提出が求められますから、二枚同時にまとめて取得しておくと手間がかかりません。

    印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、あとから売買の手続きがスムーズに行くことを実感できるでしょう。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    更に、定番カラーでもあるシルバーはボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでには車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。